トップページへ

Terminator: The Sarah Connor Chronicles #2.02 - Automatic for the People

DVD Agent 73 » Terminator: The Sarah Connor Chronicles » Terminator: The Sarah Connor Chronicles #2.02 - Automatic for the People

ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ』 シーズン2 第2話「原子力発電所」

チップを抜かれ、機能を停止したキャメロンを焼却しようとするサラとデレク。だがその寸前、二人の隙を見て、ジョンはチップを元通りに差し込んだ。再起動したキャメロンは、もう異常は直ったとぎこちなく答えた。翌朝、ジョンが目を覚ますと、サラは銃を構えて突っ立ったまま。キャメロンのことが信用できす、ジョンを殺そうとしないかと、寝ずに見張っていたのだと言う。一方、キャメロンの口からも意外な言葉が飛び出した。まだ異常かも知れない私を、わざわざ危険を冒してまで救ったジョンは、もう信用できないと...。

新たに家を借り、そこに隠れ住むことにしたサラたち。すると、そこに血まみれの男が舞い込んで来た。腕に彫られたバーコードから、デレクと同じく未来から来たレジスタンスと思われた。男は二日後に近くの原子力発電所で何かが起こること、そしてグリーンウェイを止めろと言い残して息を引き取った。

翌日、清掃作業員として原発に潜入したサラとキャメロンは、グリーンウェイという名の職員がいることを確認。そして明日、ここで何らかのテストが行われることを知る。グリーンウェイに近づき、様子を探ってみるサラだが、とても危険人物とは思えなかった。冷却装置に異常が見られるため、テストを中止した方が良いと言って上司に怒鳴られ 、あんたのせいでテストが中止になれば職を失うと、部下から逆恨みされる。グリーンウェイは、それでも自分の信念を貫こうとする真面目な男だった。親しくなったグリーンウェイから、自分は癌だと打ち明けられたサラは、ふと嫌な予感が頭をよぎった。キャメロンの話によると、本来ならば自分は癌で死ぬ運命だった。この原発にいるせいで、癌になってしまうのではないか?

チャーリーの自宅をエリソン捜査官が訪ねて来た。チャーリーの妻ミシェルは、二人からサラが生きていること、ターミネーターという殺人ロボットの話を聞かされる。サラと会っていたことを怒るミシェルだったが、今はそれで揉めている場合ではなかった。チャーリーの身にも危険が迫るかも知れないと、エリソンは二人に町から出るよう勧める。

普通の高校生として真面目に学校へ行くよう言われたジョンだが、友だちは一人もいない。校庭で一人寂しくしているところに、ライリーという女の子が話かけて来た。転校を繰り返して友だちがいないと言うライリーと気が合ったジョンは、ライリーを隠れ家に連れ帰る。サラは赤の他人を連れて来たとジョンを叱るが、これが「普通の高校生」の生活だと言い返されると、返す言葉が無かった。

そして原発テストの当日。グリーンウェイではなく、その上司ネルソンが怪しいと睨んだサラ。ネルソンの様子を探っていたところを逆に見つかり、核廃棄物で被爆していると言われ、洗浄処理を受けさせられることに。それで足止めを食らっている間に、テストは開始されていた。昨日までとは別人のように、自ら進んでテストを進めるグリーンウェイを見てサラは驚く。その頃、自宅に侵入したデレクから、グリーンウェイの遺体を見つけたと連絡を受ける。ようやくターミネーターが入れ替わっていると気づいたのだが、その時すでにグリーンウェイは原子炉をメルトダウンさせようとしていた...。

* * *

新キャラのライリーはジョンの恋人になるんでしょうか? 演じるのはレヴェン・ランビンという女優さん。

ネタバレなのでストーリー紹介には書いていませんが、T-1000も前回とは違う容姿で登場します。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ << ランクアップにご協力お願いします

セカンド・シーズン Vol.1 [DVD]
ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 Vol.1
1~3話収録

[日本盤DVD&Blu-ray]
シーズン1 DVD Vol.1(第1~2話)
シーズン1 DVD-BOX(第3~9話)
シーズン1 ブルーレイ-BOX(第1~9話)

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ