2008年9月 9日

Terminator: The Sarah Connor Chronicles #2.01 - Samson & Delilah

ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ』 シーズン2 第1話「ジョン抹殺」

爆発音に気づいたサラとジョンは、キャメロンに何かが起こったと直感。外の様子を見るため、隠れ家を出ようとするが、そこにサーキッシアンが現れ、二人とも捕らえられてしまう。奪われたハードディスクを回収するため、どこに隠したのかと二人を拷問するサーキッシアン。爆発した車の残骸の中で再起動したキャメロンが隠れ家に戻ると、すでにサラたちが自力でサーキッシアンを倒したあとだった。キャメロンの無事な姿を見て、安堵の表情を浮かべるジョン。しかし、その顔を見たキャメロンは、なぜかジョンを抹殺対象と認識。何のためらいもなく、その銃口をジョンに向けた...。

間一髪で逃げ出したサラとジョンは、とある教会に逃げ込んでいた。二人のすべてを知り尽くしているキャメロンは、今や二人にとって最強の敵だった。爆発のせいで、一時的に思考回路に異常が起きただけだと信じたいジョン。だが、もしそれが「一時的」でなかったら...やはりキャメロンを葬るしかないとサラに説得される。追ってきたキャメロンを罠にかけ、身動きできなくしたサラ。頭からチップを抜き取り、機能を停止させようとするジョンに、もう異常は直ったとキャメロンは言う。そして、ジョンのことを愛しているとも。それを聞いたジョンは戸惑い、チップを抜くのを躊躇してしまう...。

サラたちの隠れ家で事件があったと知ったチャーリーは現場に急行。家の前に置かれた死体袋を開けてみたチャーリーは、それがサラたちでは無かったことに安心する。自分の救急車に戻ると、中にデレクが隠れていた。二人は協力し、サラたちの足どりを追う。一方、ラズロ(=クロマティー=T-888型ターミネーター)による大殺戮で、一人だけ殺されなかったFBIのエリス捜査官は、なぜラズロが自分をわざと見逃したのか、その理由を知ることになる。

ウォルシュという男から人工知能タークを手に入れたのは、ゼイラ社の最高経営責任者キャサリンであった。キャサリンは各部署から優秀な人材を引き抜き、新たなプロジェクトチームを発足させ、それを"バビロン"と名付けるのだった...。

* * *

いよいよシーズン2が始まりました。新キャラのキャサリンを演じているのは、ロックバンド『ガービッジ』のボーカル、シャーリー・マンソン。

なんと、ラストには新たなターミネーターが登場。どんなのかと言うと...ヒントは液体金属(←答えじゃん)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ << ランクアップにご協力お願いします

セカンド・シーズン Vol.1 [DVD]
ターミネーター: サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 Vol.1
1~3話収録

[日本盤DVD&Blu-ray]
シーズン1 DVD Vol.1(第1~2話)
シーズン1 DVD-BOX(第3~9話)
シーズン1 ブルーレイ-BOX(第1~9話)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://dvdagent73.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/163

コメントする