2008年3月16日

New Amsterdam #1.02 - Golden Boy

『ニューアムステルダム(仮題)』 シーズン1 第2話

将来を有望視されていた男子学生が、何者かによって殺された。被害者の父親に必ず犯人を捕まえると固く約束するジョン。その一方、ジョンは "運命の女性" を見つけようとして躍起になっていた。そんなジョンの姿を見た親友のオマーは、ジョンが自分との大事な約束を忘れているのではないかと心配していた。案の定、約束の時間に遅れてしまったジョンを責めるオマー。今日はオマーの母リリーの命日で、一緒に墓参りをするはずだったのだ。ジョンは謝りながら、リリーと付き合っていた頃を思い出していた。あれは1941年、ジョンが弁護士をしていた時のこと。お互い愛し合っていた二人だが、当時はまだ白人と黒人が付き合うことを認められない時代。リリーは自ら身を引き、ジョンの前から姿を消したのだった...。

* * *

オマーって、ジョンの秘密を知っている数少ない親友の一人だと思っていましたが、実はジョンの息子でした。もちろんオマーは不老不死ではないので、普通に年齢を重ねて今は65歳。見た目はジョンより年上になっています。そして1941年の時、ジョンの秘書をしていた女性もまたジョンの娘でした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://dvdagent73.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/137

コメントする