2008年3月13日

Jericho #2.05 - Termination for Cause

ジェリコ 閉ざされた街』 シーズン2 第5話 「闇の中で...」

ボニーは殺され、ミミも重傷を負わされた。証拠は消されていたものの、それがゲッツたちレイヴンウッド部隊の仕業なのは明らかだった。ベックに助けを求めようとしたジェイクだが、隣町ニューバーンで爆破テロが起こり、軍人たちはその対処に向かってしまう。ミミが運ばれた病院に立て篭もり、ゲッツたちからの襲撃に備えるジェイクたち。やがてミミが生きていることを知ったゲッツは、部下を率いて病院を包囲する...。

ケンチーがミミの手術を行い、ダーシーはそれを手伝っていた。他の住民たちもそのまま病院に立て篭もり、ジェイクの味方をするのだが、ゲッツはその家族を逆に人質に取って脅迫し、一人ずつ投降させる。そして中には、家族を守るため病院内に残ってゲッツのスパイになる者もいた。

隠れ家に潜み、謎の情報提供者ジョン・スミスと連絡を取っていたホーキンズは、核爆破テロが何年も前にJ&R社によって練られたものであると知る。そして現在の大統領トマーチオが、かつてJ&R社の社員であったことも。自宅に戻ったホーキンズだが、妻ダーシーの姿はなかった。そこにゲッツの部下が現れ、病院で立て篭もり事件が起こり、ダーシーが人質になっていると言う。ウソを見抜いたホーキンズはその部下を倒し、病院へと駆けつける。

その頃、ニューバーンのラッセルたちが密かにジェリコに潜入していた。ラッセルはヘザーに声をかけ、ニューバーンが大変なことになっていると告げる。ジェリコに戦争をしかけたとして、ベックたち軍はニューバーンに対して非常に厳しい態度を取っていると。そして、ニューバーンの情報をベックに伝えているのは、町に詳しいヘザーだとリーダーのフィルは考えている。ラッセルはヘザーを暗殺するようフィルに命じられて来たのだが、親しい彼女を殺すことは出来ない。それを打ち明けたラッセルは、代わりに別の戦利品をニューバーンに持ち帰りたいとヘザーに話す。

襲われた理由をホーキンズに聞かれ、ゲッツの横領に気づいたからだと答えるミミ。だが、その証拠の帳簿はゲッツがもう処分したに違いないと。しかし、J&R社のコンピューターに残っているデータがあれば、もう一度その証拠を再現できる。ミミはトリッシュにデータを盗むよう頼み、ホーキンズはそれを使ってゲッツを止めるため、ジョン・スミスに協力を求める。

味方にスパイがいることに気づいたジェイクたちは、それを利用してわざとゲッツたちを病院に侵入させる。壁に空けられた穴を見て、ジェイクたちがすでに外に逃げたことを知るゲッツ。しかし、実際ジェイクたちは病院の一室に全員で隠れていた。ジェイクたちを捜索するため、応援を要請したゲッツは、増援部隊を迎えるため町外れに向かう。

先回りしてゲッツたちの動きを見守るジェイクたち。そこに増援部隊のトラックが到着するが、隊員たちと共に降りてきたのはトリッシュだった。横領の証拠を突きつけられ、ゲッツたちはその場で解雇される。武器や車を取り上げられ、町外れに放置されたゲッツたち。この時を待っていたジェイクたちは、すぐにゲッツたちを包囲。しかし、そこにラッセルたちが現れる。ラッセルの言う戦利品とは、かつてニューバーンを襲ったレイヴンウッドのリーダー、ゲッツの首だった。ゲッツを逮捕すると言うジェイクと、自分の町に連れ帰ると言うラッセル。お互い譲らず、両者はまたしても銃を向け合うことになってしまう...。

ジェリコ コンプリートBOX [DVD]
ジェリコ コンプリートBOX [DVD]

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://dvdagent73.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする