2008年1月29日

Jericho #1.06 - 9:02

ジェリコ 閉ざされた街』 シーズン1 第6話 「過去の影」

夜空を切り裂くように上昇してゆく巨大なミサイル。やがてそれが頭上で爆発すると、町は暗闇に包まれた。それから2週間、あの夜 爆発したEMP(電磁パルス)爆弾により町中の電子機器は壊れてしまい、どの時計も午後9時2分を指して止まったまま。さらに生活が不便になったせいで住民たちの不満は爆発寸前。体調を崩した父の代わりを務めるエリックや臨時保安官となったホーキンズはその対応に追われていた。そんな中、厄介者のミッチェルがふと皆の前に姿を現し、かつてその "仲間" であったジェイクは胸騒ぎを覚えるのだった...。

馬小屋の前でジェイクが母と一緒に作業をしていると、突然 全ての馬が小屋から飛び出して来た。馬に轢かれた母に気を取られたジェイクだったが、一瞬だけ見えた馬泥棒の後姿から、それがミッチェルであることを知る。幸い母のケガは軽症だったが、ミッチェルのしたことを黙って見過ごすわけにはいかない。報復に向かおうとしたジェイクに気づいた父は、隠し持っていた銃を取り上げ、過去の過ちを繰り返すなと言い聞かせるが...。

その頃、スタンリーの農場にミミが訪ねて来た。ミミは国税庁の役人で、農場の税務監査に来ていたのだが、核爆発によって町から出られなくなっていた。そこで今日やって来た目的は、スタンリーの家に住まわせてくれれば追徴課税を減額してやると取引に来たのだと言う。畑仕事も手伝えば取引してやると答えると、こんな虫だらけの畑には入りたくないとミミは文句を言う。うちの農場には虫などいないと自慢しようとしたスタンリーは、そのとき初めて作物の大部分に害虫がついていることに気づく。農薬を買いに雑貨屋へと向かったスタンリーだが、店主のグレイシーは収穫した作物の半分と引き換えだと言う。そんな条件には応じられないと怒って帰るスタンリー。その後、店から農薬が全部なくなっていることに気づいたグレイシーは、スタンリーが盗んだと訴えた...。

ようやく盗まれた馬を見つけたジェイクだが、なぜかその場にいたデイルに気を取られた隙にミッチェルと仲間のショーンに捕まってしまう。ミッチェルはかつて一緒に "仕事" した時のことを恨みがましく話し始める。仲間の一人は殺され、自分は捕まって刑務所に入れられたというのに、お前だけうまく逃げ切って何もお咎めなしだったと。ちょうどそこにエリックたちが現れ、ミッチェルは一人で逃走。デイルとショーンは逮捕され連行される。

噂を聞きつけたスカイラーは署に駆けつけ、デイルの保釈金だと言ってもはや何の価値もないクレジットカードを渡そうとする。利用されただけだと分かり、すぐ釈放されたデイルは、ミッチェルの隠れそうな場所を知っていると話す。ジェイクたちを案内しながら、そこは自分が貨物車で見つけた食料を隠した小屋だと説明するデイル。しかし、そこに着くと食料は全て持ち去られておりデイルはショックを受ける。だが、しばらくするとデイルの言った通りミッチェルが現れる。それを待ち構えていたジェイクたちは、ついにミッチェルを逮捕するのだが...。

ジェリコ コンプリートBOX [DVD]
ジェリコ コンプリートBOX [DVD]

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://dvdagent73.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/116

コメントする